目の下はたるみ取りでキレイにする|若返りサポーター

女性

老化を目立たせない方法

注射

美容外科選びと再発リスク

口まわりにできてしまうほうれい線は、老化を感じさせてしまう原因になってしまいます。顔の皮膚がたるんでくることで起こってしまうほうれい線は、化粧品などでケアしていくのも限界があります。そのため、美容整形がほうれい線を目立たなくしていくことができますが、美容外科によって仕上がりの満足度も違ってきます。技術性はもちろんのこと、カウンセリングや術後のケアも求められるので、美容外科選びは慎重に行う必要があります。特にほうれい線の美容整形では皮膚を切る方法もあるため、失敗は許されません。 ほうれい線の手術の実績や、その評判から選んでいくことが大切です。また、ほうれい線をなくす美容整形は、皮膚のたるみを取り除くので、再びたるみが生じてくる場合もあります。それまでに時間がかからないものや、時間がかかるものもあるので、美容整形によってそのリスクを理解しておかなければいけません。

種類の特徴

美容外科で行われるほうれい線の手術は、種類があります。皮膚を切らない方法では、ほうれい線にヒアルロン酸を注入していくことで、その部分がふっくらとしてきます。それにより、その部分が目立たなくなってくるので老化を感じさせません。しかし、この方法はもとに戻りやすいため、維持していくには繰り返すことが必要です。そして、特殊な糸を使ってたるんだ皮膚を引き上げることもできます。糸は目立つことはなく、これも皮膚を切らないので負担は抑えられます。この方法はある程度持続期間は長いですが、やはり限界があるので医師から説明を充分に聞いておくことです。耳の後ろやおでこの生え際から皮膚を切って引き上げていく方法もあり、たるみを引き伸ばすので見た目もだいぶん若返ります。これが一番効果が長く続きますが、肉体的、経済的な負担もかかるので余裕を持って受けるようにしましょう。このように、美容整形にはそれぞれ特徴があるので、それを知った上で自分に合った方法を選んでいくことです。

Copyright© 2015 目の下はたるみ取りでキレイにする|若返りサポーターAll Rights Reserved.